家事を妻と分担でする大切さ

KH133_72A

家仕事の分担

一度辞めてしまうと社会復帰するのが大変だと辞めずに頑張り、そして子供ができた時も退職するのかと思いきや、育児休暇の後復帰したのです。
そんな風に夫婦共働きでやっていっているので、家事は分担しています。
初めは私が少し手伝う程度で、主に妻がしていました。
少しする程度だと家事の腕も上がらず、それで余計にしたくなくなると言う悪循環になっていました。

お料理をするにしても調味料やキッチン道具がどこにあるのかわからない、洗濯をするにしても洗剤をどのくらい入れればいいのかわからないと言った風です。
しかしある時、毎日家事や仕事に追われてくたくたになっている妻を見て、それではだめだと気がついたんです。
こんなに1分1秒必死で動いている妻がいるのに、私はどうしたらいいのかわからないと言う理由で少ししか家事ができないのはいけないと思いました。
そこで本格的に家事を完全分担する方向に持っていこうと提案をしました。

そうすれば負担は半分こになり、一緒の時間も増えると思ってはいるのですが、妻が喜ぶ一方で本当にできるのかと半信半疑です。
でもやると言ったらやるのが私です。
少しずつではありますが、半分になることを目標に頑張りました。
まずお料理は苦手分野だったのでそこから克服する事にしました。
夕飯を作るにはまだハードルが高すぎたので、朝ごはんを私の担当にしたのです。

朝ごはんくらいならできると思ったんですが、しかし現実はそう簡単にはいきませんでした。
ネックになっていた、使いたい調味料が探せないと言う事がやはり起きてしまい、初めの数週間はやきもきイライラしながら作っていました。
しかし慣れてくるとそんな事もなくなりスムーズになりましたね。
そうするとお料理自体が楽しくなってきます。
もともと何かを作る事は好きだったので、朝ごはんは私が作ると言うのは定着しました。

幸せな家庭作り

お弁当もできればしようかと思い、お弁当も練習しました。
そして朝ごはんとお弁当作りが私の仕事になってくると、毎日こんなに大変な事をしてくれていたんだなぁと改めて妻に感謝できるようになったんです。
作れば終わりと言うわけではなく、食器を洗ったり運んだりもしなくてはいけません。
結構な労力を朝から愚痴一つ言わずにしてくれていたんです。
自分でしていなかったら気がつかなかった事なので、本当にしてよかったと思いました。
感謝できるようになると、二人の関係もとても良好なものになってきました。
お互いのしている事を尊重できるようになったからか、目に見えて夫婦仲が良くなったのです。

それから掃除や洗濯も曜日を決めて少しずつ分担するようにしていますが、何かをするたびに今まで一生懸命してくれていた妻に感謝を感じるようになりました。
家事分担にしてよかった事の一つだと思います。
妻も時間に余裕ができたからかとても優しくなりましたし、良い事ずくめだなと思いました。