式場選びの体験談

CV095

まずは予算を考えてから!

彼からのプロポーズを受けてから、互いの両親へのあいさつをすませていざ結婚式場選びになりました。
同い年で社会人3年目の私たちからすれば、費用はできるだけ抑えた式にしたいところ。

でもまずはブライダルフェアへいってイメージをふくらませようということで出かけてみました。
式をひととおり体験できる内容になっていますが、どれもすごくステキでしたね。

このプランの内容全部やってみたい!と思ってしまったのも当然な気がします。
でもその金額を聞いてびっくりでした。

結婚式と披露宴って想像以上にお金がかかるんですね。
なのでいろんなプランを見比べて金額と相談しながら決めていこうと思いました。

会場代で節約がイイ

「式場選びで費用がほぼ決まる」との情報を聞いていたので、ホテル・レストラン・ハウスなど休日を使っていろいろめぐりました。
どうして会場選びで金額が決まるの?と疑問でしたが、会場ごとに料理やお花が決まっているからなんですね。

だとすると、会場選びに失敗するとお料理も華やかさもあんまりで、参列してくれた人たちに残念な思いをさせるかもとの心配もありました。
公共式場や互助会のある挙式場がいいとも聞いてそちらにも出向いたり。

式と披露宴はきちんとしたものをやりたかったので、ホテルで親族だけの参列で行うことに。
友人がお互い多い上、大学が地方だったこともあって遠くにいる友人もいたので、二次会で日を改めて友人たちには披露目をしようと決めました。

基本のプランから気になるところを交渉

式場選びがすむと、プランがだいたい決まるわけですが、ところどころ「ここは変えたいな」と思うところがあります。
それを担当のスタッフの方と交渉すると、できる限り私たちの希望を叶えてもらえたのがうれしかったです。

ドレスについているコサージュのデザインの変更や、受付で飾ったお花をケーキ装花に丸ごと移動してアレンジしてもらったり。
ここはお花の費用節約にもつながって助かりました。

その分でピアノ演奏をしてくれるという妹のためにピアノレンタルをつけました。
親族だけの式で余興なんて誰もしてもらえないかなと思っていたので、華があって思い出に残りました。

大きな節約は難しいけれど

基本的なプランは内容が決まっているので、それ以上費用を大きく下げることは難しいみたいでした。
費用が増えることはあっても、減ることはないんですね。

なので、予算より低めに考えて式場選びをしてからプラン内容を充実させていくと費用が高すぎてツライことがないのでは。
幸せな結婚式ですが予算のことでそのあと苦しむなんてイヤだと思っていたので、上手に式場選びができてよかったです。