式の次の日に起きた酷い体験談

友人の結婚式に出席

高校時代の友人が結婚するとのことで招待をもらったので、懐かしいなと思いつつ出席。
久しぶりに会う友人たちもいて、ちょっと同窓会みたいな気がしました。

そして出席した結婚式は親戚も含めて250人も招待客のいる、豪華な結婚式でした。
ここまでのしっかりした派手な結婚式をやるなんてすごいねと友人たちと話していたものです。
学生時代はとてもおとなしく、真面目で優しい子だったので幸せをつかんでよかったなと思っていました。

披露宴ではお色直しが3回あり、どの衣装もとてもキレイで本人も式の途中涙を流すシーンもあり。
感動的な式で、みんなからも祝福されて幸せな新婚生活が始まるものと思っていました。

翌日とんでもないことが

なんと彼女、式の翌日離婚したということが発覚しました。
本人が言うには、結婚式のあとで籍を入れる予定だったので離婚ではないとのことでしたが。
こちらとしては、正直無意味な結婚式をなぜ開いたのかということが知りたいと思いました。

出席した人たちがご祝儀を渡しているし交通費をかけて遠方からわざわざ足を運んだりしていることを改めて確認すると、泣きながら謝る彼女。
謝ってもらっても済んでしまったものはどうしようもありません。
なぜ離婚に至ったのかをまず知りたくなりました。

他に好きな人がいた?

元新郎との結婚の話が進み、そのかたわらで彼女には好きな人がいたそうでした。
でも結婚の話を断りきれずそのまま話が進んでいくので、心の中ではイヤだけど数年我慢したら離婚しようと考えていたそう。
まずそんな計画があったということに驚きでした。

しかし途中から数年間も我慢するのは無理だと思い始めて。
でも式の日は迫っているからカミングアウトして結婚をなかったことにすることもできなかったと言うんです。
その結果、あれだけの派手な結婚式と披露宴をした翌日、入籍前に別れ話をしたのだとか。

しかも妊娠って?

さらに驚きの事実には現在妊娠中、しかも相手はその別の好きな人の子だそうで。
これにはもうあきれてしまいました。

出席者のご祝儀を全員に返すべき、それ以上に新郎とその家族へ償うべきだと思いました。
この妊娠の件については彼女しか知らず、言えずに家族にも隠していたのでしょう。
式のキャンセル料を一人で払うのは無理だから、式は挙げてしまってもらったご祝儀をあてて支払えば良いと考えていたのでしょうか。

スピード離婚のようなことになった場合、ご祝儀は返すと聞いたことがあります。
でも彼女からもその家族からもそんな様子はなく、あきらめるしかないかなと思っています。

そして詳しくは聞きませんでしたが、新郎と新郎家族親戚とかなりもめて今でも慰謝料などの問題を抱えているそうです。
ことの詳細を知って、改めて席に出席した友人と会い話をしましたが全員あきれていました。