学生結婚の体験談

CV107

「家庭を持つ」という責任の重さ

僕は大学2年の時に同じ学部で知り合った彼女と、学生結婚を果たしました。
いわゆるデキちゃった結婚だったわけですが、もちろんすんなり結婚出来たわけではありません。

社会人ともなれば、子供が出来れば親なども仕方ないと結婚を許してくれますし、男としても責任を取らねばと結婚を決断するでしょう。

しかし、僕は当時学生で、自分としては彼女の事がとても好きでしたし、子供ができたなら一緒になって幸せにしたいという思いがありました。

なので彼女から子供ができたと聞かされた時、直ぐに「結婚しよう」と口にしたほどです。
ですが、直ぐにプロポーズしてしまう時点で、若いと言いますか、社会のことを何も知らない学生丸出しだったと思います。
彼女の両親のところに挨拶に行ったところ、ものすごい勢いで怒鳴られ、猛反対されました。

それは僕の両親も同様で、親戚の伯母まで出てくる始末だったんです。
何が原因でそんなに反対されたのかというと、結婚より先に子供を作って順序が逆だとかそういう単純な話ではありません。

学生の分際でどうやって妻子を養っていくのかという話と、結婚して家庭を持ってどうやって学生としての本分を全うするのかという重い問題でした。
まだ20歳そこそこで若かったですから、彼女と結婚できるとか、そういう事しか頭に浮かばず浮かれていたのですが、結婚するという事、家族を持つという事の重大さに大人たちの反対にあって初めて気づかされました。

親の支えがあってこその結婚

彼女と結婚するのが悪いとか、計画性なく子供を作ったことへの怒りというより、僕たちの将来を考えての反対やお叱りだったと思います。
それでも、子供を堕ろすという選択は嫌でしたし、それは彼女も同じでした。

もちろん、大人たちも子供を犠牲にすることを望んでいたわけではありません。
ですが、養っていく力が当時の僕にはまだなかった以上、子供が産まれても不幸になるという考えは持たれていたと思います。

そこで僕は、大学を辞めて働こうと思ったのですが、これも両家の両親に猛反対されました。
「今時、大学も出ずにきちんとした職業に就けるはずがない、若いうちはともかく、将来的には収入も伸びずに妻子に苦労をかけるだけだ」と言うのです。

最終的に、両家で色々と話し合った結果、親たちが僅かながらも資金援助をしてくれることになり、僕は大学を辞めずに朝晩のアルバイトをこなしながら学業との両立を図りました。
寝る間も惜しんでアルバイトをしながら勉学もこなすというのは、とても体力的にもきつかったですし、今更ながらよく自分も頑張ったなと思います。
それでも、こんな頼りない僕を信じて、援助してくれた親には頭が上がりません。

せめて結婚指輪だけは最高のものを

当然ながら、結婚当初はお金がないので結婚式は挙げることができません。
僕としては、お互いの友人たちをたくさん呼んで、盛大にやりたいという思いもあったのですが、なにせ働くことが優先されていましたし。

でも、せっかく親もなんとか許してくれて、彼女を妻として今後も支えていきたいという思いから、せめて結婚指輪だけはきちんと贈りたいと思ったんです。
そのことを彼女にも話し、「自分たちだけの結婚指輪が欲しいね」と言ってくれたので、早速オーダーメイドの結婚指輪について調べました。
鍛造法で作るオーダーメイトの結婚指輪|TANZO

既成の指輪よりも頑丈で、持ちが良いとされている鍛造法という製法があり、一生つけるものだからこだわりを持って作ってくれるところがいいと思ってこちらの店に決めたんです。
彼女も出来上がった指輪を見て、とても喜んでくれました。

結婚式を挙げるのはまだ先になりそうですが、ひとまず結婚指輪はこだわりを持って作ることができて、僕も彼女も大満足です。