【北海道】宮の森フランセス

ヨーロッパ教会風の荘厳なステンドグラス

「宮の森フランセス」は、北海道札幌市中央区宮の森にある大規模な専門式場です。
札幌からのアクセスでは、地下鉄東西線の「西28丁目駅」から3番出口を使うことでシャトルバスを利用することができます。

マイカーで訪れる場合には新千歳空港からは約60分、JR札幌駅からは約15分の距離となっており、近くに専用駐車場があることからいずれも便利に移動ができます。

コンセプトとなっているのは宮の森という自然環境に恵まれた土地で、自由な表現での式を作り上げるということです。

北海道内には有名な式場が数多くあるのですが、その中でも宮の森フランセスの挙式会場内は雰囲気の評価がかなり高く、ただ美しいだけではなく一度足を踏み入れると忘れられない強烈なインパクトがあります。

中でも非常に個性的なのがチャペルの祭壇部分に掲げられてる5枚のステンドグラスです。
礼拝堂ではヴァージンロードをキャンドルのライトが照らし出し、1000本の薔薇の陰影が荘厳な雰囲気を作り出します。

天井から下げられた豪奢なシャンデリアも、これから祭壇に向かう二人を出迎えてくれるように設置されていて、参列をする人全てが厳粛な空気の中に包まれます。

この宮の森フランセスの大聖堂は、200年以上もの年月を実際の教会として使用されてきた建材をそのまま日本に輸入したものです。

チャペルから外に出ると二人の旅立ちを祝福するかのような道が伸びており、両脇に並ぶ参列者からフラワーシャワーやハッピーバルーンを受けることができます。

サービスで選ぶなら価格をしっかり確認を

「宮の森フランセス」は大聖堂とは別に敷地内に複数の披露宴会場を持っています。
少人数でのプライベートウェディングにふさわしい「シェフズ・テーブル」や、大人数にも対応可能な「グリル・ザ・プレイス」、さらに100名以上の大規模の式も可能な「アンスブルージュ・イン・ザ・フォレスト」といったところから選択可能です。

その他にも期間限定でガーデンウェディングをすることができたりとかなり施設面が充実をしているので、あらかじめ規模や希望を考えて相談にいくことで、ピッタリのプランを紹介してもらえることでしょう。

比較的新しくできた式場ということで設備面は他の道内有名挙式場よりも優れていることが多く、実際に利用したユーザーの満足度はかなり高いです。

その一方で全てのサービスが一流であることから、価格面でやや割高となってしまうこともあります。
提供されるサービスから比較をすれば価格は妥当なものではなるのですが、やりたいことをすべてやろうと欲張ってしまうと見積金額がぐんと上がってしまうようなこともあるでしょう。