【北海道】アールベルアンジェ札幌

全国展開をしているアールベルアンジェ

アールベルアンジェは、株式会社ベルコが運営している全国展開の冠婚葬祭企業です。
本社は兵庫県西宮市にあり、全国初のアールベルアンジェは大阪市堺市に作られました。

現在では結婚式場としてベルクラシックを始めとした施設を全国に34ヶ所進出しており、その他にもコスチュームサロンやウェディングチャペルを全国に展開しています。

そんな株式会社ベルコが運営しているのが「アールベルアンジェ札幌」で、札幌市中央区南5条東と大通りからやや郊外に向かった場所に設置されています。

アクセスは地下鉄東豊線豊水すすきの駅から徒歩7分の位置となっており、マイカーではJR札幌駅から約10分の距離です。

収容人数は40~130人となっていることから、主に地元婚をする人たちから多く選ばれる場所となってます。

アールベルアンジェに共通したコンセプトが、二人の思い出を大切し未来に向かっていける一日を作り上げるということで、施設利用の他に料理やドレスなどを総合サービスとして提供してくれます。

それぞれの施設ならではの演出もアールベルアンジェの大きな特徴となっており、「札幌ラ・ベール教会」で行うチャペルウェディングでは天井高が13.5mにも及ぶスケールの大きい会場となっています。

この札幌ラ・ベール教会はバージンロードの長さが16mと、全国的に見ても非常に大きな教会で、祭壇部分にある大きな十字架に向かいパイプオルガンの音色に合わせて一歩ずつ歩いていきます。

完全貸切で使用できる空間

アールベルアンジェ札幌では、1日のうち昼と夜の2組のみの挙式とする完全貸切型の運営をしています。
有名な挙式場であっても、同じ日に複数の式が組まれてしまっていると衣装を合わせたり挨拶をしたりといった移動の時に、他の式への参列者とすれ違ってしまうという事があるものです。

実際に挙式を経験した人の中にもそうした他の式の人との接触が気になったという意見が多くあるため、完全に自分たちだけで貸し切れる会場設営はかなり注目すべきポイントでしょう。

披露宴では100名がゆったりと収容できる「Je Brille(ジェ・ブリレ)」や、ゲストを余裕を持って迎え入れるウェルカムスペースなどがあり、北海道ならではの空間的余裕のある式を挙げることができます。

ドレスは施設内に常時250着以上が揃えられているので、そちらも同時に申し込みをするのがお得です。

気になるお値段ですが、期間限定でお得なプランを設定していることもあるので、そうしたものを上手に利用していくとより理想に近いプランを実施することができます。

また各月5名限定でブライダルフェアを行っているので、詳しい話は訪れたときにブライダルプランナーに相談をしてみるとよいでしょう。