バリ島ウェディングの体験談

日本から近いおすすめのリゾートウェディング会場

日本から最も近い距離にあるリゾートアイランドと言えばやはりインドネシア諸島の島々でしょう。
中でもバリ島は日本からの観光客も多く、一流ホテルも数多く建築されている過ごしやすい場所です。
ハワイほど島内も観光地ナイズされているわけではなく、島のあちこちには古くから遺されている民族文化の施設もあったりして雰囲気のある挙式ができます。

バリ島の場合日本からの移動距離が近いということもメリットの一つで他の地域では移動するだけでかなりの時間がかかり往復で丸一日は消費してしまうところ、バリ島ならば成田から7時間と比較的少ない時間内で移動ができます。
距離が近いこともあって時差も少なく時間的ロスがない分観光に時間をさくことができるのも嬉しいところです。

言語面では公用語はインドネシア語で現地の人たちはジャワ語やバリ語といった日本人にとっては一度も聞いたことがないような言葉が使われていたりしますが、リゾート地周辺なら英語が広く使用されているのでそれほど心配はいりません。

ただし島で暮らす人の半数以上がイスラム教徒ということで、公共の場で左手で食べ物を持ったり左手で相手に握手を求めてはいけないといった独自の文化もあるのでそのあたりは先によく調べておきたいところです。

大人気の「アヤナリゾート」で挙式をする

バリ島内にはいくつものチャペル施設がありますが、中でも最も人気があるのが「アヤナリゾート」というホテル&スパの総合施設です。
チャペルは施設内にいくつか種類がありますが、大人気の石畳とガゼボ(東屋風建物)が印象的な「バレクンチャナ」が一番人気です。

よりバリ島らしいウェディングではこのガゼボを使ったものが一番で、アヤナリゾート以外の施設でも多くのチャペルで使用をしているのを見かけます。

アヤナリゾートは日本からの観光客を積極的に受け入れている一流リゾートホテルなので、言葉の通じるスタッフやチャペルに必要な人員を多く揃えてくれたりとかなり満足度の高いサービスを提供してくれました。

料金もわかりやすいパッケージプランとして提示してくれる旅行会社が多いので、あれこれ言われてあとから高額を請求されるというようなトラブルも心配ありません。
島での挙式費用は物価の関係もあってかなり安く抑えることができるので、費用面で最もネックになるのは交通費となっているくらいです。