オーストラリアウェディングの体験談

時差もなく移動に便利なリゾートウェディング

海外でリゾートウェディングをすると決めてからいくつかの場所を比較してきましたが、最終的に決め手となったのは時差が少なく観光名所の多いオーストラリアでした。
オーストラリアは国内での地元婚をされる人でもハネムーン先によく選ばれるところでもあり、過ごしやすい気候と治安の良さなどが大きな特徴になっています。

英語圏ということと日本からの観光客が多いということでそれほど現地での言語に困ることもなく、ウェディング会場の手配についても日本にいるスタッフさんにお願いすることで滞り無く進めることが出来ました。

私達夫婦が選んだ式場はケアンズにある「アラマンダグレートバリアリーフチャペル」という海の近くの景色が美しい教会で、日本からのリゾートウェディングではオーストラリアで一番人気という評判に偽りなく大変満足のでる場所でした。

アラマンダグレートバリアリーフチャペルはケアンズの中心部から自動車で20分かかるちょっと郊外のロケーションだったのですが、近くにはリゾート・スパホテルもあり観光地へのアクセスも良好だったことでのんびりとしたオセアニアの空気を堪能しつつもショッピングやグルメツアーなどを楽しむことができました。

親日的なところもとても良かった

オーストラリアやニュージーランドといったオセアニアの地域は昔から親日派が多いということでもよく知られています。
日本から語学留学をする学生や、長期滞在をする旅行者も多くいて街全体が日本人に対して慣れているという印象が強かったです。

日本人全般に対して好意的ということもあるのかもしれませんが、担当をしてくれたチャペルの牧師さんんがとても人柄のよい方で、緊張していた私に丁寧に話しかけてくれたりしました。

お世話になったスタッフさんも全体的にちょっとのんびりしすぎているかな?というくらいにおおらかな人たちが多く、かえって気楽にハネムーンの滞在期間中を過ごすことができたと思います。

夫は「ケアンズってもっと都会だと思ってた」というくらいにチャペルとホテルのあった場所は周囲にほとんど施設のないだだっ広い土地だったのですが、私としてはかえってそうした寂しいくらいのロケーションだからこその良さがあったと思っています。

施設もキレイで手入れもされているし、あらゆる面で恵まれた本当に祝福されていると感じられた最高のリゾートウェディングでした。
今も現地の人たちと一緒に撮影した写真は大事に額に入れて部屋に飾っています。

オーストラリアのハネムーン

オーストラリアのハネムーンでは、世界遺産あり、ビーチあり、夜景ありのモリモリ全部乗せの贅沢なツアーを組んでもらいました。
案外こうしたあれもこれもというツアーができるところというのは多くなく、日本国内の旅行では絶対に体験できないこともいろいろ試させてもらいました。

時間の都合で今回はオーストラリア中心にあるエアーズロックこそは登ることができませんでしたが、飛行機に乗って大自然を眺めたり、定番のコアラ抱っこをさせてもらったりしました。

個人的にはオーストラリアのおみやげ店で売っていた雑貨類がどれもとてもかわいくて、予算ギリギリまでかなり買い込んでしまいました。
また何十年かした記念日の時にでも同じルートを夫と一緒に回ることができたらいいなと思っています。