順序はどうあれ、今すごく幸せです!

HG010_72A

成り行き

夫とは9年前に出会ったのですが友人の紹介で出会い、すぐに意気投合し付き合う事になりました。
それから1年間順調に付き合い続けていて、私も彼も社会人になったばかりで、とても忙しい毎日を送っていました。

そんな時、この先私達は結婚する事はあるのかな?とふと考えたんです。
彼に何気なく聞いてみると、仕事がまだ1年目だから落ち着いていないので考えられないけど、数年経って安定したらしたいという答えでした。
私もまだ先だと思っていたので、その答えでその時は十分満足でした。
そんなある日、私は急に体調を崩し会社を早退する事になってしまったんです。
よくよく考えてみれば、ここ最近ずっと胸やけがおさまらず吐いてしまう事があったんです。

もしかしてと妊娠を思い、検査薬を使ってみたところ、なんと結果は陽性で、まさかの事に本当に驚きました。
いずれかは彼と一緒になりたいと思っていましたが、今は仕事が忙しすぎると言っていた所だったので、今は無理だと思いました。
それからすぐに彼に話しをすると彼は予想外にとても喜んでくれ、産んでほしい、結婚しようと言ってくれたのです。

これからに向けて

私は無理だと思ったのですが、彼のあまりの嬉しそうな顔にきっとなんとかなると思い結婚する決心をしました。
そこから結婚に向けての準備が始まり、私にとって一番難しいと思ったのは、両親へ結婚の承諾を得る事です。
私の両親は昔ながらの考えの人で、先に子供ができたなんて言ったらどれだけ反対されるかと恐ろしかったです。

彼にもその事を言って、もしかしたら説得には時間がかかるかもしれないと言いました。
そして私の親に会う日、思った通り父は大変激怒し、母はショックを受けていました。
私達は自分達でなんとか頑張ってきたいから応援してほしいと頭を下げましたが、その日は了承は得られず帰る事になったのです。
それから彼は何度も私の実家に足を運び、父と話し合いをしました。

二人きりで話をする事もありましたし、時には父のどなり声が聞こえる事もありました。
説得は容易ではなかったと思いますが、しかし最後の最後には、彼の熱意が伝わり認めてくれたのです。
まだたった23歳と言う若さで父親になる覚悟があるのか、きちんと見てくれていたのだと思います。

両親へのあいさつがこのようにスムーズに終わって、結婚式も挙げる事ができました。
私の体調は幸いつわりがほとんどなかったので、結婚式の手続きもスムーズに進みました。
当日こっそり涙する父を見て幸せな気持ちと申し訳ない気持ちになりましたね。
それから数カ月たち、子供が無事産まれ、初孫を抱っこしているとろける笑顔の父を見て順序はどうであれこの笑顔が見れて本当によかったと思えました。
その時の子もすっかり大きくなり、毎日幸せに元気いっぱいに暮らしています。