アラフォーの私が旦那さまと結婚できた話

CV094

お見合いと緊張

結婚適齢期をとっくにすぎ、仕事仕事の毎日だった私はかなり焦っていました。
これから一人で一生過ごしていく事も考えていましたが、やっぱり一緒に歩んで行く人がほしいと思い、お見合いをする事にしました。
運よく親戚がいくつかお見合いの話を持ってきてくれたので、お世話になる事にしたのです。
初めてのお見合いの時はとても緊張しましたし、着物を着て、まさにテレビに出てくるような雰囲気の場所で初めてのお見合いをしました。
あまりに緊張してしまって、何をしゃべったのかあまり覚えていません。
親戚の顔にどろを塗りたくないから粗相のないように・・とばかり考えてあっという間に時間が過ぎてしまいました。

結局、その時の縁談はうまくいきませんでした。
私自身気の合う相手とは思えなかったのと、相手の方からもお断りを頂き、ご縁がなかったんだと思います。
緊張しすぎたのも悪かったのかなと思いました。
初対面でありのままを出しすぎるのもどうかと思いますが、ある程度の仮面はとった方がいいかと思いました。

二度目のお見合いはそれから1カ月後で、写真で見たその男性の雰囲気は私好みで、また緊張してしまうのではないかと心配です。
当日やはり緊張して何もしゃべれない私がいました。
見た目が好みと言う事もあって、前回よりも緊張してしまったのです。
自分らしさなど何も見せられぬままお見合いは終わりました。
そして三度目のお見合いはそれから数週間後でした。
写真でみた限り、ごく普通の優しそうな人と言う印象で、何もかも包み込んでくれるようなおおらかな雰囲気を持っている人で、この方なら緊張せずにいられるかなと思ったのです。

そして当日、思った通りゆったりした雰囲気をもった方でした。
過去二度のお見合いでは緊張ばかりの時間でしたが、この方とはそんな事もなく、初めて自分を少し出せたように感じました。
すると相手の方も自然と私の事を気に行ってくれて、次の約束を取り付ける事ができたのです。

気の合う相手

私ももっと話がしたい、もっと知りたいと思っていたので、お声がかかった時は大変うれしかったです。
そして数日後、二人で食事に行き、その時にやはり一緒にいて落ち着くなと感じました。
そこから何度か一緒に食事をしたり、デートを重ね、結婚を前提に付き合う事になりました。
結婚をちゃんと考えてのお付き合いだったので、そこからはスムーズに結婚まで行く事ができたのです。

後々夫に聞いた話だと、お見合いの席でリラックスした空気になれて、もっと一緒にいたいと思ったらしいです。
まさに私と同じ事を考えていました。
40歳目前で結婚はもう駄目なのかもと諦めかけていましたが、私でもこのように結婚をする事ができました。
協力してくれた親戚には心から感謝をしています。
夫とはこれからも仲良く暮らしていきたいと思っています。