結婚のすばらしさ

結婚への意識

みなさんはどんな時に「結婚したい」と考えて行動に出るのでしょうか?
これから結婚を控えている方の為に、結婚した先輩の話をここで書いていきたいと思います。
私は入籍をするまでは本当にいろいろな事がありました。
ドラマのような大きな山や谷はなかったのかもしれませんが、私にとっては結婚までの道のりは長かったように思います。
私は結婚したいけど、彼はどうなのかな?

いつプロポーズしてくれるのかな?といつもやきもきしていました。
私が結婚したいと思った理由は、これから先が不安になったというのが大きかったように思います。
先々の事をあやふやにしておくと心が落ち着けないんです。
なので直接聞いて話し合いをした事も何度もあります。
まだもう少し独身でいたい彼とすぐにでも結婚して子供がほしい私との間で話がもつれる事もありました。
なんでわかってくれないんだろうと涙する事もありました。

でもなんとか話もまとまり、入籍をし、その半年後には素晴らしい結婚式を挙げる事ができたのです。
彼とは入籍をする前から一緒に住んでいましたが、入籍のタイミングで大きな部屋に引っ越しをしました。
そこが私達の新婚生活の場所となりました。
ずっと一緒に住んでいたので、結婚しても大きく変わる事はないのかなと初めは思っていましたね。
確かに大きな変化はなく、今までと似たような日常でしたが、同棲の頃とはやはり何かが少しずつ違うんです。

その小さな少しの変化がたくさんあり、結局は大きな変化に感じていました。
何よりも思った事は彼に起こった出来事は、自分に起こった出来事と同じ事だと心から思えるようになったんです。
例えば彼が宝くじに当たった!となるとなぜか今まで以上にうれしく思えるんです。
まるで自分の事のように感じています。
家族というカタチが無意識に心の変化を生んだのかな?と思います。
彼のご両親との接し方も変わってきました。
結婚してからは本当に家族のように温かく接してくれるようになりました。

幸せの感じ方

私も素直に甘えていいんだと思えるようになり、家族がまた一つ増えたという幸せを感じられます。
今までは同棲しているけど事実まだ他人の関係だと言う事がひっかかり、どのように接したらいいのか難しいと思っていたんです。
それが結婚したらこんなに安心できる場所が増えるのかと幸せに思えました。
このように結婚とはすばらしい事がたくさんありますが、何よりも仕事から帰ってくると大好きな人がそこにいて迎えてくれる、大好きな人のためにお料理を作って、それをおいしいと幸せそうに食べてくれる、そんな毎日を送る事ができるのが結婚の素晴らしい所だと思います。

仕事で疲れてうたたねをしている彼を見て幸せだなぁと感じられます。
無防備に安心しきって眠っている姿はとってもかわいいなとさえ思え、自分の仕事の疲れもすっかり吹き飛んでしまいますよ。
時にはけんかをしたり、イライラして八つ当たりをしてしまう事もありますが、それでもこの人と手を取り合って一生生きていくんだと思えます。
結婚とはそれまで他人同士だった二人が一生をともにすると決心し、子供を授かって家族を作っていく素晴らしい事だと思います。
ただの形だけのものや紙切れ1枚の問題だとは思えません。
日々の生活が、彼と一緒だとこんなに幸せに感じるのですから、結婚というのは本当に素晴らしいですよ。